マタニティさらし巻き巻きプロジェクト

最終更新: 10月12日


広まれ広まれ!

《さらし巻き巻きプロジェクト》

始動しようと思います!


日本には古くから、妊娠5カ月目の最初の戌(いぬ)の日に、

妊婦のお腹にさらしの帯を巻いて安産を祈願する伝統があります。


でも今はその文化がなくなりつつあります。


妊娠中にさらしを巻いて過ごしたことのある方は

どのくらいいるでしょうか?


つけたことのある人は口をそろえて言います。

「めちゃくちゃ快適!!」

「これなしではもうなんか不安・違和感」


私も妊娠中ずっとさらしを巻いて過ごしました。

本当に快適で、体が楽になる。

ママが楽なら赤ちゃんもきっと快適なはず。



\\さらしを巻く効果//

◎大きなおなかをしっかりと支える

◎骨盤まわりの負担をサポート

◎あったかぽかぽか

◎おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションの時間

◎姿勢が正しくなる

◎吸収性の良い面素材でお手入れ簡単

◎自分の体の形にフィットする


大きくなったお腹がしんどいとき、

腰痛や恥骨痛に悩まされているときもおすすめ。



令和の今の時代だからこそ、

再び広まってほしいなと思ってます。


助産院太陽と月オリジナルの刺繍を入れたさらしには、

たくさんの想いをこめました。

“背守り”という昔からある魔除けの印も入れました。

さらしは産後は簡易のおんぶ紐としても使えます。


病院ではなかなか教えてくれないさらし。

一度助産師とお話ししながら巻いてみませんか?

きっとあなたもとりこになる…笑



◆対象 妊婦さん(週数はいつでも構いません)

◆料金 3,500円

    オリジナルさらし代・出張費込み

◆所要時間30~45分程

◆内容 さらしの巻き方・効果・使用法・妊娠中のお悩み相談

◆場所 ご自宅またはご指定の場所へお伺いいたします(静岡市内限定)


(注意事項)

訪問の際は家族全員に風邪症状・発熱がないことが条件になります。

三密を避け感染対策を行いながらならば、2‐3名ほどのグループでの実施も可能です。

お子様やご家族の同席ももちろん可能です♪

おうちはそのまま、きれいにしなくて大丈夫です!



《お申込みはこちらから》



33回の閲覧

最新記事

すべて表示

産後ケア46日目 乳腺炎!?

「お昼過ぎから37.8度の熱があり、おっぱいにしこりがあって授乳すると痛いので診てほしいです」 とのご連絡をうけ、 ピューンと夕方にはおうちまで飛んでまいりました笑 乳腺炎の一番大切といっても過言ではないポイント… それは、 早めに対処すること!! お母さんはすぐにおっぱいの異変に気が付き連絡をくれたので、 症状はひどくなく、 15分程のケアですぐに痛みもなくなり授乳もできるようになりました。 こ

Contact Me

相談や講座のご予約・お問合せはこちらのフォームより

お願い致します

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_edited
  • Instagram
TEL: 050-5362-6753

【診療時間】

月・火・水・金・土   9:30〜16:00

【訪問可能範囲】

静岡市清水区(駿河区葵区は要相談)

​場所により別途交通費+500

​完全予約制

© 2019 by 助産院 太陽と月